南紀の沢と熊野古道を巡る

投稿日: カテゴリー: 未分類

本州最南の地、紀伊半島。深い森に豊かな水を湛え、古えの時代より滔々と続く熊野の流れ。

大きな釜を持つ熊野の門をくぐると、今度は50mの大滝に迎えられる。

滝を越えて、さらに奥へと踏み入る

火を囲み一夜を過ごせば、すっかり熊野に馴染む

秋晴れの下

南紀の旅路をゆく

その昔、巨人が積んだのだろうか。巨岩を攀じり、くぐる。

足元には小人たちの気配

翠の淵で戯れ

自然の造形に悠久の時を思ふ

濡れた体に心地いい
やがて渓は一枚岩に

どこまでも続く回廊をひたひたと

時折現れる淵と滝を越え

古人の足跡を目指す

野生の世界から人の匂いのする場所へ

勝浦の海を望み
那智の神様をお参り

巨木の歴史と石畳をたどり下界へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です