雪山(厳冬期)

満月とラッセルの阿弥陀岳南稜

阿弥陀岳南稜に行ってきました!

ずっと雪の少なかった八ヶ岳ですが、ここ数日でたっぷり積もって冬らしい姿を見せてくれました。

とは言え、取り付きからずっとラッセルが続く南稜は長く厳しい行程でした。

はじめはくるぶし、やがて膝、腰と、、、登るにつれてぐんぐん深くなっていくラッセル。

たどり着かないかもしれない・・・そんな心配もよぎりました。

「なるべく厳しい状況で登りたい」

「撤退の判断についても経験したい」

そんな要望を頂いてのご案内だったので、

せめてP3ルンゼの雪のコンディションが見えるところまでは行こうと頑張りました。

行ってみればP3の状況は悪くない!

タイムリミットも迫る中、がんばってがんばって頑張り抜いて、ようやく辿り着いた頂は感慨深いものがありました。

本当に本当にお疲れさまでした!