雪山(残雪期)

北アルプス最深部へ

目指すは水晶岳!

どこから行っても遠い、北アルプス最深部であり最奥のこのお山に

不安定なお天気の中で果たして辿り着けるだろうか…

それでも可能性があるなら懸けてみたい!と

その思いを叶えるべく挑戦してみました!

鏡平を越え、

滝谷と北鎌尾根の勇しい姿に力をもらいながら、

弓折の尾根をゆく。

はるか先には鷲羽岳、そして目指す水晶岳が姿を現す。

黒部の源流へと続くこの旅路は本当に素晴らしい。

毎年春になったら訪れたい場所のひとつだ。

この時期、こうした遠い山へアタックするときには退路の確保が問題になる。

寒冷前線通過からの冬型気圧配置。ときに予想を遥かに上回る荒れ方をする。

刻々と変わる空模様とにらめっこをしながら、風が変わる前に樹林帯まで下りたい。

結局、今回の日程の中では、予備日を使い切ってもなかなか空の神様は微笑んでくれなかった。

僕たちは水晶岳は諦めることにした。

水晶岳にご挨拶をして、今回はここまで。

それでも充足感と共に帰って来られたのは、懐深きこの山域で過ごすことができたからだろう。

きっとまたいつか。